電話占いの占い師がコールドリーディングを使う可能性はあるのか?

coldreading
「占い師はコールドリーディングをしているだけではないか?」という疑いを抱いている人もいるのではないでしょうか。けれども電話占いではコールドリーディングを行うのは困難です。そのためより正確に運勢を占ってもらえます。

コールドリーディングとは

相手に無意識のうちに自分のことを語らせ、自分にとって必要な情報を引き出そうとするのが「コールドリーディング」と呼ばれる会話テクニックです。警察の尋問などにも使われています。また、マジシャンの中にはこのテクニックに長けているため観客を楽しませるマジックができるという人もいます。

初めて会った相手との会話の中で、関連しそうなキーワードを散りばめ、相手のしぐさや反応、表情などから相手の思っていることを探ります。

コールドリーディングで読み取った情報で、感情や経験などを言い当てると、相手は「この人は本当に自分のことを知っているんだ」と驚きます。コールドリーディングができる人は、まるで相手のことを知っているかのように振舞えますが、実は相手の意見を操作して情報を引き出しているだけです。

占いでもコールドリーディングを使う占い師はいる

占い師がコールドリーディングを行うことは、占い結果が当たっているのではなく、相談者に無意識のうちに事実を語らせていただけです。会話テクニックが優れているのであって、占いの技術が高いわけではありません。

基本的に占いとは生年月日などの情報や、霊視などによって相談者の運気や未来を診断するものです。本当に実力のある占い師は、コールドリーディングなどを行わずに相談者のことを理解することができます。

電話占いでコールドリーディングは現実的に難しい

対面式の占いでは、どうしても表情や仕草などが相手に伝わってしまうためコールドリーディングをされてしまいます。相談者が自分から言わなくても、占い師に伝わってしまう情報があるため正確に占ってもらえない面もあるかもしれません。

けれども声だけのやり取りである電話占いではコールドリーディングが難しくなります。占い師は相談者から与えられた情報(生年月日や生まれた場所など)のみで占わなければなりません。

電話占いでは霊視を専門にする占い師が目立ちます。「霊視って言うけど、コールドリーディングをしているのではないの?」と疑っている人もたくさんいます。

けれども電話ではコールドリーディングを行うのは困難であるため、霊視を行う占い師は自身の霊能力しか頼れません。電話占いでの霊視は対面式の占いの霊視よりもより信頼できるということです。

「対面式の占いではコールドリーディングの疑いがある。」
「もっと力のある人に正確に占ってもらいたい。」

という人は、電話占いがおすすめです。コールドリーディングができない状況で占ってもらえるので、占いの内容もより受け止めやすくなるでしょう。

電話占いでも声のトーンなどから判断されてしまうこともある

けれども電話占いでも声のトーンなどから相談者の気分や感情などは占い師に伝わってしまいます。そういった情報を元に占う占い師もいないわけではありません。また、占い師にそのつもりがなくても、与えられた情報を元にアドバイスをしてしまうことが起こってしまいます。

電話占いを利用する際にはあまり必要以上に情報を与えないようにするためにも、長々と話し込まないようにしましょう。だらだらと話し込んでしまうと鑑定料も高くついてしまいます。決めた時間内で済ませることで、より正確なアドバイスがもらえます。

電話占いランキング