電話占いで本物のイタコに相談できるの?よく当たると評判の口寄せ先生もご紹介

電話占いイタコ本物
「イタコって一体どんな人なの?」
「イタコにはどのようなことを鑑定してもらえるの?」
「電話占いで本当に当たるイタコの先生が知りたい!」

東北地方・青森には、古くから伝わる『イタコ』と呼ばれる霊能者がいます。

イタコの鑑定では『口寄せ(くちよせ)』という手法を使い、亡くなった人の魂を自らに憑依させて対話をすることで、様々なメッセージを受け取ることができます。

対面でしか行えないと思われがちなイタコの霊術ですが、電話占いでも鑑定が可能です。

今回は、イタコとはどのようなものかをはじめ、本物のイタコを見極めるポイント、電話占いでイタコの鑑定が行える先生などについてご紹介します。

そもそもイタコとは?

イタコとは一体どのような人なのでしょうか?ここでは、イタコがどのような霊能者なのかについて詳しくご紹介します。

東北地方に古くから伝わる巫女『イタコ』

イタコとは、北東北に古くから伝わる巫女のことです。

イタコの占いは、主に『口寄せ』と呼ばれる手法を使って行います。口寄せは、死者の魂を自らの体に降ろし、生きている人に対して死者の言葉を伝える方法。また、亡くなった人だけでなく、神や生霊まで様々なものが口寄せの対象になります。

死者や神々と交信する力を持つイタコは、現代のシャーマンとも呼ばれています。

イタコの語源は、神に仕える「斎く」(いつ-く)が変化したという説、神の委託をする『委託巫女』が元となるという説、アイヌ語で「語る」を意味する『イタック』が変化した説などさまざま。

また、初めてイタコが登場した時期は明らかとなっていませんが、江戸時代後期の文献にイタコの存在が書かれていたことから江戸時代後期に登場したという説や、それ以前よりあったという説などがありますが、一躍ブームとなったのは戦後、昭和30年代となります。

イタコになるためには厳しい修行が必要

イタコの能力で一番有名なのが口寄せです。口寄せには強い霊感・霊力が必要となりますが、こうした力を先天的に持つ人が多いものの、中には厳しい修行を経験してその能力を開花させるという人も少なくありません。

かつてのイタコは、盲目や弱視の女性がほとんどでした。貧しい生活の中、ハンデを持った若い女性が働く口はほとんどなく、仕方なくイタコの道を選んだという人も。

しかし、修行は大変厳しく、命を落とすものもたくさんいました。

修行は、現役のイタコの元に住み込み、家事炊事を行いながらイタコに必要なお祓いの経文、儀式の祭文、イタコ歌などを完璧に覚え、呪術に必要な祈祷の手法など、イタコに必要な技術を全て身に着けなくてはなりません。修行は早くて2年、平均4~5年、長ければ10年以上かかることも。

さらに、修行明け100日前から、朝・昼・晩と33杯ずつ水で体を清め、7日前からは断食をし、肉体と精神を極限まで追い込みます。そして、修行明けの当日儀式に臨みますが、儀式に失敗した場合はさらに修行をやり直すこととなります。

死の世界をすり抜け、生還を果たすといった極限の経験をすることで、肉体を超え、研ぎ澄まされた精神、霊力を得ることができたものだけが、イタコを名乗ることができたのです。

現在はイタコの数も減少している

現在のイタコは、弱視や目が見えない人だけの職業ではありません。また修行自体も、命を落とすほどの厳しいものではなく、住み込みではなく通いで行うことも。しかし、イタコの修行は肉体と精神を研ぎ澄ませるための厳しいものであることには変わりなく、よほどの覚悟がないと続けることはできないでしょう。

一人前になるには大変厳しい世界のため、自ら飛び込んでいく人自体が少なくなっているだけでなく、イタコ自ら弟子を取らず跡継ぎを設けないというケースも多いことから、現在ではイタコの数自体が大幅に減少しています。

現在、修行を受けた本格的なイタコと呼ばれる人は数えるほど。しかも、高齢の方が多くなっています。

イタコがいるのは青森だけではない

イタコというと恐山が有名なため、青森出身の霊能力者しかいないと思われがちですが、呼び方が異なるだけで、他の地域にもイタコは存在します。

  • 岩手県・宮城県→オガミサマ
  • 山形県→オナカマ
  • 福島県→ミコサマ・オガミヤ
  • 山形県・福島県・茨城県→ワカサマ

また、シャーマンとして、沖縄のユタもイタコと同じ能力を持つと言われています。他にも、口寄せや降霊ができる人を、分かりやすくイタコと呼ぶケースもあります。

こうした能力は、血筋など先天的に持っている人もいますが、中には事故や身近な人の死など後天的に霊媒体質となり、イタコと同じ能力を持つようになった人もいます。

しかし、霊媒能力を持っているからといって本格的なイタコになることはできず、やはり厳しい修行を積んだものだけが本物のイタコとして認められるのです。

イタコの主な占い方法

イタコには様々な鑑定方法があります。そこで、イタコが行う鑑定方法の一例をご紹介します。

口寄せ

自らの体に魂を降ろし、相談者の望む言葉を伝える、イタコの鑑定の中でも最も有名な方法です。なお、口寄せには次の4つの種類があります。

  1. 神口(かみくち)
  2. 死口(しにくち)
  3. 仏口(ほとけくち)
  4. 生口(いきくち)

それぞれの口寄せについて詳しく見ていきましょう。

① 神口(かみくち)

神や守護霊など、高貴な霊に対し伺いを立てる口寄せ。運命や生まれ持った宿命など、比較的大きなスケールの相談を受けた時に使用します。かなりのパワーを消失させるので、イタコの中でも限られたものにしかできず、持って生まれた才能によるところも大きいです。

② 死口(しにくち)

葬儀は終えたが四十九日を経過していない、まだ成仏していない者の魂を降霊させる口寄せ。「最後のお別れができなかった」「死を受け入れることができない」などの相談を受けた時、また死後の様々な段取りや遺産問題についての話し合いに使用されることもあります。

③ 仏口(ほとけくち)

亡くなって四十九日を過ぎ、成仏した死者の霊を降霊させる口寄せ。亡くなってからしばらく時間が経ち、あらためて故人の思いを知りたいときなどに使用します。また、自分自身のご先祖様の霊を降霊させて、自分が背負う運命などについて聞く場合にも使用します。

④ 生口(いきくち)

生きている人間の魂(生き霊)や、亡くなってすぐの葬儀を終えていない死者を降霊させる口寄せ。生きている方の深層心理を読み取りたい場合に適しており、恋愛や家庭問題などといった人間関係全般の悩みを解決したいという方に最適な方法です。

イタコは、口寄せをする際に数珠やイラカタを使用しますが、中には梓弓(あずさゆみ)と呼ばれる弓場の楽器を使用して交霊をする人もいます。

自動書記

自動書記は、イタコが特定の霊を憑依させた状態で、そのメッセージを文字に書き起こすという技法です。

口寄せとともに多くのイタコが持ち合わせている能力ですが、口寄せと違うのは、相談者と霊が直接対話をすることがないという点です。自動書記では、降ろした霊魂が一方的に話したいこと、伝えたいことを語り、受信機のような存在となるイタコがその内容を記していきます。

イタコはメッセージを記すのみとなり、内容も一方通行の物となりますが、霊魂が生きていたころの思い出、死後の世界での状況、中には予言や予知といった有益な情報などを得られることも。

自動書記は、単に霊体のメッセージを書き記すだけとなるため、強力な霊力を必要とする口寄せとは異なり、駆け出しの霊能者でも行えるというメリットがあります。しかし、霊力が弱いと呼べる霊体も低級となり、思うような結果を得られないこともあるため、修行を積んだイタコに依頼をすることをおすすめします。

的中率や信ぴょう性は口寄せと変わりません。

霊と直接対話をしたい人には口寄せがおすすめですが、未来を知りたい、死霊や生霊からのメッセージを受けたいという方には自動書記が向いています。メール鑑定や手紙鑑定にも向いています。

的中率はどれくらい?イタコの占いって本当に当たる?

イタコの鑑定は、他の占いと比べても的中率が高く、よく当たると言われています。

他の占い師の中にも元々霊能力の高い方もいますが、占いによっては、占術さえ覚えてしまえば霊感がなくてもある程度の占いができてしまうものもあります。しかし、イタコの鑑定は、知識や技術といったものだけで行うことができません。

イタコの場合、持って生まれた霊能力というものも大きいですが、厳しい修行によってさらにその力を研ぎ澄ませ、開花させていきます。一般的な占いが一方的であるのに対し、イタコの口寄せは降霊させた霊魂の声を相手に伝え、対話することで問題の解決へと導いていきます。また、それを受け取った人の心に寄り添い、悲しみや不安などといった悩みから人々を救うことを目的としているため、心理カウンセラー的な役割も果たしています。

一般的な占いでどうすることもできなかった問題が、イタコの鑑定によって解決できたという事例も少なくありません。人間関係のトラブル、家庭内に続く不幸、長引く体調不良など原因がなかなかつかめなかった問題など、イタコの鑑定が解決したという逸話を上げればきりがありません。

イタコの中にはやらせや偽物もいる?

イタコになるためには、高い霊能力はもちろん、厳しい修行に耐え抜かなければなりません。そのため、イタコ自体が減少しており、本物のイタコの鑑定を行う先生に出会うのも難しくなっています。

中には、こうしたイタコの希少性を悪用して鑑定を行うインチキなイタコがいるのも事実です。

イタコの中には、霊能力が低い方もいます。しかし、当たりはずれのはっきりしている占いとは異なり、イタコの鑑定は対話をし、心に寄り添って問題解決へと導いていく心理カウンセラー的要素が強いため、能力の有無をはっきり見極めることは難しいです。

また、口寄せの中には、「先に旅立ってしまい申し訳ない」「みんなで力を合わせて生きてくように」など当たり障りのないメッセージを伝えることもあり、「本当に当たっているの?」と疑念を抱くことも少なくありません。

イタコだからといって、全て信じ込むのはNG。中には、インチキややらせもいると思って注意しましょう。

本物のイタコを見極める4つのポイント

霊能力者にも本物と偽物がいるように、イタコにもその能力には違いがあります。そこで、本物の能力をもつイタコを見極める4つのポイントをご紹介します。

  • 不安をあおるようなことは言わない
  • 見た目が華美でなく質素
  • 欲に関する話をしない
  • 余計な話をしない

それぞれのポイントについて詳しく見てみましょう。

不安をあおるようなことは言わない

適切な霊を呼び出す本物のイタコであれば、相談者を不安にさせるようなことは絶対に言いません。

お話したように、イタコは降霊した霊と相談者が対話をし、問題解決へと導いていきます。いわば心理カウンセラーのような働きをしているため、相手にとって最善の助言をするのが当たり前です。

本物のイタコであれば、「○○をしなければ不幸が訪れる」「呪われた運命である」などといった相談者を不安にさせるようなことは言わず、「○○した方がより良くなるでしょう」のように相談者を安心させる言葉を伝えてくれるでしょう。

見た目が華美でなく質素

本物のイタコは、基本的に無欲で質素という特徴があります。

服装や持ち物が豪華な場合、たとえ霊能力があったとしても、物欲に支配されていることも。生活ぶりまでは見ることはできませんが、このように、物欲に支配されてしまっている人はふるまいも偉ぶっており、相談者を見下すような風潮もあります。

本物のイタコは、純粋に相談者の悩みを解決したい、さまよっている霊を成仏させたいという気持ちが大半なので、見た目が華美すぎる場合はその時点で偽物と疑ってよいかもしれません。

欲に関する話をしない

お話したように、高い霊能力を持つ人は、基本的に無欲です。あくまで純粋な気持ちで相談者や霊と関わっていくため、欲に関する話をすることはありません。

特に注意してチェックしたいのが鑑定料です。よく当たる人気のイタコであっても、相場価格よりも明らかに鑑定料が高い場合、金銭欲にとりつかれてしまっているとも言えます。本物の霊能力者の場合、自分の力をお金に換えるようなことは決してしません。

また鑑定料が不明瞭な場合も要注意。イタコに限らず良識的な鑑定士であれば、鑑定料も明確に提示しているでしょう。

余計な話をしない

本物のイタコは、多弁ではありません。話を聞いてくれることはあっても、余計な質問をすることはありません。

イタコの口寄せでは、自らに亡くなった人の霊や生霊を憑依させ、相談者と対話することで悩みを解決へと導きます。多くのことは自然と見えてくるため、相談者にあれこれ質問をしたり、余計な話をする必要は全くないのです。

生い立ちや家族のことなど余計な話を聞いてくる場合、偽物の可能性が高くなります。これは誘導尋問のようなもので、イタコの能力を持たない人であっても、5分も話をすればそれらしいことを言えてしまいます。

電話占いで本物のイタコと評判の先生をご紹介

イタコによる鑑定は、電話占いでも行ってもらえます。けれども、本当に能力のあるイタコかどうか見極めるのはとても難しいですよね。そこで、電話占いで本物のイタコと評判の先生をご紹介します。

【エキサイト電話占い】瑞鳳殿 澪(ずいほうでん れい)先生
瑞鳳殿 澪(ずいほうでん れい)先生
鑑定料 1分400円(税別)
鑑定歴 52年6か月(プロ歴48年2か月)
占術 透視・霊的対話(交渉)・イタコ
鑑定可能な内容 恋愛・結婚、仕事、人間関係、教育、育児、健康、霊的問題など

瑞鳳殿澪先生は、3歳の時にイタコである祖母から霊交信術を教わり、17歳の時に祖母イタコ6代目を継いで7代目となりました。イタコを継いで38年目、鑑定歴は52年目とベテランのイタコ鑑定士で、今まで11万件を鑑定するなど圧倒的な依頼数を誇ります。

現在は地元を拠点として活躍中。相手を憑依させて直接会話をする、魂との会話・交渉を得意とし、鑑定のリーディングは1秒たりとも待たせません。鑑定開始とともに、波動修正と遠隔ヒーリングも無料で行ってくれます。

【電話占いメル】楽礼(がくれい)先生
楽礼(がくれい)先生
鑑定料 1分352pt
鑑定歴 不明
占術 口寄せ(イタコ形式)、波動修正、心理カウンセリング、夢診断、霊感・霊視、霊感タロット、霊聴、オラクルカード
鑑定可能な内容 恋愛・結婚、仕事、人間関係、育児など

幼い頃より『夢』とのつながりが深く、夢枕でお告げを受けることや、リアルな正夢を見るという不思議な経験をして育った楽礼先生。成長に伴い霊感霊視能力が研ぎ澄まされ、その力をさらに開花すべく厳しい修行に入ったそうです。

先生は、主に口寄せによる鑑定を行います。映像が降りてくる人、声や言葉だけ降りてくる人など様々ですが、相手の情景状況、想いを伝えてくれます。相談者の心が少しでも癒されるようにという心のこもった鑑定が、多くの相談者から高い評価を得ています。

【電話占いステラコール】弥鈴(みすず)先生
弥鈴(みすず)先生
鑑定料 1分270円
鑑定歴 不明
占術 守護霊対話、霊聴、透視、未来予知
鑑定可能な内容 結婚、復縁、不倫、対人関係、相手の気持ち

弥鈴先生は、イタコ鑑定(口寄せ)を行うステラコールでも人気の鑑定士です。相談者や相手の守護霊を降ろし、気になる相手の気持ちや未来について問いかけを行います。実際に、相手がしゃべっているかのように本音を聞くことができると人気を得ています。

結婚や復縁、不倫など恋愛関係全般の悩みに強い先生。ひとつひとつ心に寄り添いながら、必要な言葉を全て降ろしてくれ、相談者が思い通りの人生となるよう愛結びを行います。また、亡くしてしまった人との交信も可能です。

【電話占い陸奥】氷白スエ(こおしら すえ)先生
氷白スエ(こおしら すえ)先生
鑑定料 開始から20分間10,000円 / 以降毎分500円(税別)
鑑定歴 53年
占術 イタコ巫術・口寄せ
鑑定可能な内容 あらゆる恋愛問題の解決と成就、人間関係、金運、心霊現象、仕事、死者・生者の霊体の降霊

鑑定歴53年のベテランイタコ霊能者であり、電話占い陸奥の創設者でもある氷白スエ先生。幼い頃から既に周りの大人を驚かせるような霊能力を持ち、曾祖母、祖母、母とイタコとして活躍していた血筋にはあったものの、その力は桁違いに強力だったそう。

得意とするのは、死者の霊や生霊の降霊・口寄せ。霊体の声を憑依させ、相談者の質問に答えてくれます。相談者の言葉は一切不要なのに、的中率100%。過去や現在の状況が一瞬で見えるだけでなく、人の心や運命も自在にコントロール可能。片思いや復縁も叶えられると評判です。

【電話占い花染】下栄子(しもえいこ)先生
下栄子(しもえいこ)先生
鑑定料 開始から20分間7,000円 / 以降毎分350円(税別)
鑑定歴 不明
占術 降神術、予知能力、神道術、霊感、霊視、透視
鑑定可能な内容 恋愛、不倫、復活愛、結婚、離婚、仕事、適職、将来、金銭、人生相談など

イタコであり霊能者でもある下栄子先生。霊感、霊視の強い力はもちろんのこと、明るくハキハキとした性格で、鑑定中に話をするだけでプラスのパワーを送ってもらえるような温かさを持った先生です。花染のスタート時から在籍し、以来常にトップを走る人気鑑定士です。

得意分野は恋愛関係全般。先生の電話占いによって相手の心の内を覗いてから告白をすれば、成就率が信じられないほどアップすると評判です。ファンやリピーターが多く、待機開始と同時に予約が埋まるほどの人気の先生です。

イタコに電話占いをしてもらう際の3つの注意点

イタコに電話占いをしてもらう場合、以下の3つの点に注意するようにしましょう。

  • 鑑定時間には余裕を持っておく
  • 鑑定中は無駄に話しかけない
  • イタコ自身の言葉ではないことを理解する

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

鑑定時間は余裕を持っておく

イタコに電話占いをしてもらう場合、できるだけ時間には余裕を持っておくようにしましょう。

口寄せをする場合、イタコは霊魂を自らの体に降ろしますが、これは並大抵の作業ではありません。特に、生きている人の霊を降ろす生口は、生きている肉体の壁を越えて霊体の一部を引きはがさなければならないため、資質や技量の高い霊媒師でもパワーと時間を要します。

時間が長引くと鑑定料金は気になるところですが、しっかり占ってもらうためにも、鑑定時間は多めに見ておくことをおすすめします。

鑑定中は無駄に話しかけない

イタコが口寄せを行う際、自らに霊を降ろさなければなりませんが、これにはかなり高い集中力が必要となります。

お話したように、既に亡くなった人の霊よりも、生きている人の霊の方が降ろしにくくパワーも使います。さらにイタコの中でも限られたものしかできない神口とももなると、より高い集中力とパワーが必要となってきます。

色々聞きたくなることもあるかもしれませんが、口寄せ中はできるだけ聞き役に徹し、無駄に話しかけないように注意しましょう。

イタコ自身の言葉ではないことを理解する

イタコは、自らの体に霊を降ろし、伝えたいメッセージを相談者に伝えます。

実際に口調や雰囲気が変わるため分かるかと思いますが、完全に憑依した状態でイタコが話す言葉は、イタコの自身の言葉ではなく、相談者が求めている相手からの言葉です。その本心が聞けたとしても、必ずしも自分が望むような答えではないかもしれません。

当たっている、当たってないというようなことではなく、紡ぎだす言葉の一つ一つが真実と思い、しっかり受け止めるようにしてください。

電話占いで本物のイタコに鑑定をしてもらおう

イタコになるためには、霊力だけでなく厳しい修行が必要となります。そのため、現在は本物のイタコと呼ばれる人は減ってきています。

確実にイタコに鑑定をしてもらうには、東北地方の青森まで行ってお願いするのも良いですが、今は電話占いでも本物のイタコに鑑定をしてもらえます。ただし、中には偽物のイタコもいるので要注意。

イタコ鑑定は、亡くなった人の霊だけでなく、生きている人の霊も降ろすことができるので、真実を知りたい、相手の気持ちを知りたいなどといった人に特におすすめの占術です。今までの占いでは得られなかったアドバイスがもらえるかもしれませんよ。