手相

手相
「手相の見方を知りたい」
「右手と左手ではどちらを見るの?」
「線の濃さは手相占いには関係ある?」

手のひらを見るだけで、その人の運命や性格など様々なことがわかる手相占い。手軽に行えるものの、どうやって見たらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、基本6線の見方をはじめ、珍しい手相、手相をチェックするための基礎知識など、手相の基本から少しマニアックなことまで詳しく解説します。

手相占いはどんな占いなの?

手相占いはどんな占いなの?
手相の見方をご紹介する前に、まずは手相占いとはどのようなものか詳しく見ていきましょう。

『手相占い』は現状を知るための占い

『手相占い』は現状を知るための占い
手相占いは、自分の現在の状況を知るための占いです。

西洋占星術や四柱推命のような生年月日を使用する占いでは、その人の宿命や才能、持って生まれた性格などを知ることができます。天から与えられた運命について占うため、基本的にいつ占っても同じような結果になることがほとんどです。

一方、手相占いではその人が持つ「現在の状況」を知ることができます。

現在の状態を読み取った上で、未来へ向けたアドバイスを行うのが手相占いです。手相でも未来を占うことはできますが、あくまで現状が継続した場合の未来なので、その人の行動次第で未来は変わる可能性があります。

未来を占うよりも、現在を分析することを得意としているのが手相占いです。

自分の考えや行動で手相は変化する

自分の考えや行動で手相は変化する
人は生まれてから成長して大人になるまで、同じ手相を保ったままという人はいません。

生まれたばかりの赤ちゃんにも手相はありますが、大人に比べるとその数は圧倒的に少なく、『生命線』『感情線』『知能線』以外はほとんど見ることができません。成長するにつれ、考え方や行動、置かれている状況などが影響し、手相に刻まれていきます。

手相はその人を映し出す鏡のようなもの。自分の思っていることや行動が手相に現れてくるので、手相が変わるということは決して珍しいことではありません。

手相が変わる期間は人によって違いますが、数週間で変わる人もいれば、何年経っても同じ手相の人もいます。手相が変わらないということは、裏を返すと「考えや行動に変化がない」ということもできるのです。

手相で見える未来は変えることができる

手相で見える未来は変えることができる
お話したように、手相が示すのは現在の状況と、その延長線上にある未来です。

「現在どのような状況であるか」「現状が続くと未来はどうなるか」ということ。つまり、今のままの生活や考えを続けていけばこうなるであろうというのが手相でわかるということです。

四柱推命や西洋占星術のように生年月日による占いから見える未来は、天から与えられた運勢であり変えることができません。「こんな未来が待っている」ということを告げるものです。

一方、手相で見る未来は変わる可能性が大いにあるもの。現状を知ることで未来を変えていく、手相から生きるヒントを得るというのが、手相占いの一番の目的でもあります。

手相占いは右手と左手どちら見るの?

手相占いは右手と左手どちら見るの?
自分で手相を見るとき、「右手と左手、どちらの手を見たらいいの?」と悩む方も多いと思います。そこで、手相占いの基本ともなる右手と左手の見方について詳しくご紹介します。

右手と左手では手相の持つ意味が違う

右手と左手では手相の持つ意味が違う
実際、右手と左手では手相の持つ意味が異なります。

手相を見る場合、多くの占い師は右手と左手の意味を次のようにとらえています。

  • 左手:性格や才能、運命などその人が生まれつき持つ運勢
  • 右手:行動や努力によって得られた現在の運勢

一般的に、左手は基本的な性格や性質などその人が持って生まれた先天的な情報が、右手は行動や努力によって得られた後天的な情報が現れると言われています。

こうしたことから、その人の性格や才能などを見るときは『左手』を、恋愛運や金運など今後の自分を見たいときは『右手』を見ることが多くなっています。

ただし、お笑いタレントで占い師でもある島田秀平さんをはじめ、占い師によっては右手と左手の解釈を正反対にとらえている人も。

どちらを見ることが正解かとは言い切れませんが、占い師によって見る手も違うと言えるでしょう。

また、左手には右脳が、右手には左脳が現れるとも言い、直感や感情的なことを読み取る際には左手を見ることもあります。

右手と左手でしわが違う時は?

右手と左手でしわが違う時は?
実際に、左右の手のひらを比べてみると、左右の手相が違うという人は少なくありません。右手だけに現れる線もあれば、左手だけに現れる線もあります。

右手の手相の方が良い人の場合、現在の状況が持って生まれた先天的な運勢よりもいいということであり、その人が才能以上に努力をしてきたと見ることができます。

一方、左手の手相の方が良い人の場合、まだまだ成長する可能性を秘めているということ。努力が足りない、チャンスを活かしきれていないとも言えますが、これから十分に改善することができます。

また、生命線・頭脳線・感情線・運命線の4つの線が左右対称の人は真面目で嘘が付けなく、コツコツ努力して成長するタイプ。左右で大きく異なる人は容量が良く、何事もそつなくこなす器用なタイプといえます。

占い師は両手を見て総合的に判断する

占い師は両手を見て総合的に判断
左右の手にはそれぞれ意味があるということからも分かるように、手相占い師は片方の手だけを見て判定を行うことはありません。両方の手のひらを見て、総合的に判断を行う場合がほとんどです。

片方だけで行う手相占いは、あくまで簡易的なもの。両方を見て解釈をするのは難しいため、セルフチェックをする場合は片方の手で行うのも良いですが、正確に判定を行うためには両方の手相を見ることが大切です。

ちなみに、男性と女性でも手相の見方に違いはありません。男性と女性で手を変える占い師もいますが、基本的に大差はないと考えてよいでしょう。

【手相の見方】基本の6線をチェック

【手相の見方】基本の6線をチェック
手のひらに現れる手相の線には、それぞれ意味があります。そこで、手相鑑定の基本となる6つの線の見方についてご紹介します。

生命線

生命線
生命線は、人差し指と親指の付け根の真ん中あたりから手首に向かって弧を描いて伸びる線。『健康状態』『体力』『生命力』などが分かります。

生命線が長いと長生き、短いと短命と思う方も多いですが、長さによって寿命を占うことはできません。生命線の長さは、その人の生命力の強さを表しています。

また、スタートが親指に近いほど生命力は強くなります。カーブが強いほど体が丈夫、カーブが小さいと疲れやすく病気にもかかりやすいとも言われています。

生命線から見られる特徴
  • 生命線が太く濃い→生命力が強く、体力もある
  • 生命線細く薄い→体力または精神力が弱っている
  • 途中で途切れている、丸い島やクロスがある→その年代で体調を崩す恐れがある
  • 生命線が二重→生命力が強くタフな人
  • 生命線が途中で二股に別れている→今住んでいる場所から離れて暮らす可能性がある
  • 生命線を横切る細かい線が多数ある→他人の痛みが分かる優しい心を持つ

生命線をもっと知りたい方は「生命線で寿命は本当にわかる?手相占いの生命線の見方と意味まとめ」で解説しています。

頭脳線

頭脳線
頭脳線は、生命線と同じ場所から始まり、手のひらの中心に向かって緩やかなカーブを描く線。知能線とも呼ばれており、『性格』『物事の考え方』『適正』『才能』などが分かります。

起点が生命線と同じで、そのあとすぐに離れ、薬指と小指の間から引いたラインと交差するくらいの長さが標準的です。

「頭脳線が長いと頭が良い」と考える人もいますが、頭脳線の長さと頭の良し悪しは全く関係ありません。線が長い人ほど熟考タイプ、短い人は考えるよりも行動をするタイプだと言えます。

頭脳線から見られる特徴
  • 線が直線に近い→現実的な理系タイプ、金銭面や実務に強い
  • 線が緩やかに下がる→感情豊かな文系タイプ、理論的な話には向いていない
  • 線が途中から急激に曲がる→芸術家タイプ、作家やクリエーターに向いている
  • 頭脳線が二重→天才的な知能を持つ
  • 頭脳線が途切れている→根気がなく、仕事も変わりやすい
  • 生命線と知能線が離れている→変わり者、マイペース

頭脳線をもっと知りたい方は「頭脳線(知能線)の手相|長い方が頭は良い?見方と意味を詳しく解説!」で解説しています。

感情線

感情線
感情線は、小指の付け根から手首までを4等分したとき、上の4分の1の位置から出ている線。『恋愛の傾向』や『感情の動き』が分かります。

感情線の標準的な長さは人差し指と中指の間くらい。それよりも長い人は、他人に対して愛情や執着心が強く、独占欲が強い傾向があります。中指と人差し指の間まで入り込むと、好き嫌いが激しく頑固な性格と言えます。

反対に、短い人は淡白で他人に対する愛情や執着が薄め。あっさりした付き合いを好みます。

感情線から見られる特徴
  • 感情線が濃い→神経が図太く、情熱的で愛情表現が豊か
  • 感情線が薄い→愛情表現が乏しく、心が繊細
  • 感情線が二股に別れる→誰にでも平等に接することができる心優しいタイプ
  • 感情線が一直線→一途な愛を注ぐが束縛が激しい
  • 感情線が二重→心が強く失恋のダメージにも負けない強靭なハートの持ち主
  • 感情線が鎖状もしくは蛇行している→繊細で情緒不安定、心が乱れている

感情線をもっと知りたい方は「感情線の意味と手相の見方|恋愛や心の動きをパターン別にご紹介」で解説しています。

運命線

運命線
運命線は、手のひらを中心に中指に向かって伸びている線。『仕事運』『社会運』など人生における転機について分かります。

手首の起点が0歳、中指の付け根が100歳、運命線と頭脳線の交差地点が35歳、運命線と感情線の交差地点が55歳を表し、運命の流れをおよその年齢で見ることができます。

運命線が長く真っすぐ伸びている人は、目標に向かって一つの事に人生を費やしていくタイプ。逆に短い人は、その時期に活躍できることを表しています。また、運命を切り開く行動力があれば線は太く、逆に心が決まってないと線は弱め。

なお、中指に向かって伸びていれば手のひらのどの位置から始まっていても運命線とみなされ、中には運命線がない人も少なくありません。線がある人は主役タイプ、線がない人はサポートタイプとも言われています。

運命線から見られる特徴
  • 運命線が複数ある→いくつもの仕事で成功しやすい
  • 運命線が小指の下から始まっている→人に好かれやすい
  • 生命線から伸びている→真面目な人柄
  • 太いけれど短い→若いうちにお金を稼げる
  • 運命線が途切れている→退職、転職、離婚など人生の転機が訪れる
  • 運命線の上にクロス(×)がある→トラブルにあいやすい

運命線をもっと知りたい方は「【手相】運命線から何がわかる?長さや濃さ等の特徴別の意味と見方をご紹介」で解説しています。

金運線

金運線
金運線は、薬指の付け根から下に伸びる線で、線の長さや濃さから『金運』があるかどうかが分かります。

金運線が長くてはっきりしている場合、金運が良い証拠。長く濃い金運線であるほど、金運が高いと言えます。周囲の環境が元々良くて生まれた時から金運線がある人もいれば、努力や環境の変化によって後天的に金運線が現れる人も。

また、小指の付け根から下に伸びる線は財運線といい、こちらも長さや濃さでお金を蓄える能力、増やす能力があるかどうかが分かります。

金運線から見られる特徴
  • 細かくて多数・切れ切れ→金運は良くない、お金が入ってもすぐに出ていく
  • 金運線がない→金運が低い、お金に興味がない
  • 金運線が感情線で止まる→バランスの良い金銭感覚の持ち主
  • 金運線が感情線の下まで伸びる→お金に余裕があるセレブ
  • 金運線が中指側にカーブ→親の功績を土台にお金を掴む人
  • 上または下が二股に別れる→努力が報われお金が舞い込むサイン

金運線をもっと知りたい方は「【最強の金運手相】お金持ちになれる手相と見方を一挙ご紹介~宝くじが当たるかも~」で解説しています。

結婚線

結婚線
結婚線は、小指の付け根と感情線の間にある線で、『結婚のタイミング』や『パートナーとの関係』『不倫』『浮気』などについて分かります。

結婚線は、線が表れている地点から結婚の時期を判定することが可能。小指と感情線の中間にある場合は適齢期結婚、感情線に近いと早婚、中間よりも小指寄りだと晩婚となります。結婚線が複数ある場合は、一番はっきりしている線で判定します。

なお、結婚線の数は結婚の回数ではなく、結婚を意識する恋愛の回数を示します。結婚線がないと結婚ができないということはありませんが、結婚願望がないとされます。結婚に対する意識が高まれば、結婚線は自然と現れてくるでしょう。

結婚線から見られる特徴
  • 短い結婚線が多数→理想が高く一方通行の恋をしがち
  • 上昇してカーブを描く→幸せな結婚生活を送れる
  • カーブして下降している→結婚にネガティブ、パートナーがいる人はすれ違いの暗示
  • 結婚線の上に短い線→子宝に恵まれる
  • 結婚線が金運線を横切る→玉の輿に乗れる
  • 結婚線の先が二つに別れる→夫婦、恋人ともに別れの暗示

結婚線をもっと知りたい方は「結婚線の見方を特徴別にチェック!本数や長さで結婚する回数や年齢はわかる?」で解説しています。

あったらラッキー!?珍しい手相をご紹介

あったらラッキー!?珍しい手相をご紹介
その人の運命を示してくれる手相には、普通ではなかなか見ることができない珍しいものもあります。もし次のような手相があったらラッキー!幸せが舞い込んでくる可能性が高いですよ。

スター線(星紋)

スター線は、3本から4本の線が交わり星のような形になっている手相。『星紋』とも呼ばれており、3本よりも4本の方が幸運度は高くなります。

人生で数回しか現れないと言われている幸運な手相。出ている間、ラッキーな出来事に恵まれます。また、スターはずっと出ているのではなく、しばらくすると消えてしまいます。

スター線は、結婚線のそばなら「結婚に至るまでの幸運な出会いがある」、運命線のそばなら「理想の恋人と巡り合える」など、出る位置によってその意味合いが変わります。ただし、運命線や結婚線など他の手相に乗っかっていると、『×』(十文字・クロス)が『*』(スター線)に見えることもあるので要注意。意味合いも大きく変わります。

フィッシュ(魚紋)

フィッシュは、一筆書きで魚を描いたような手相で、尻尾のところがクロスしているのが特徴です。この線が表れる人は非常に希少で、ごくまれにしか見ることができません。

フィッシュは、『幸運の証』とも呼ばれており、望んでいた願望やビックリするような幸運が訪れることを示します。

手のひらのどの位置に表れても、ほぼ良い意味を持ちますが、運命線に接していれば「人生が変わるようなラッキーな出来事がある」、結婚線に接していれば「結婚が近い」など現れる場所によっても意味合いは若干異なってきます。

ソロモンの環(幸運のリング)

ソロモンの環は、人差し指を囲むように緩やかなカーブを描く線。別名『幸福のリング』とも呼ばれ、大きな幸運が訪れるサインで、めったに見ることができない珍しい線です。

ソロモンの環が出ていると、金運や仕事などあらゆることが上手くいきます。二重・三重となっていることも多く、線の多さや環の数が大きいほど、願いが叶う可能性が高くなります。

手相占い師の島田秀平さんによると、サンドイッチマンがM1で優勝する前に、2人とも手相にソロモンの環が3本ずつ入っていたそう。線が細く薄い場合、また途中で途切れている場合でもある程度の力はありますが、環が直線になっているときは多くのチャンスを逃しがちです。

覇王線(三奇紋)

覇王線は、手のひらのほぼ真ん中あたりで運命線・金運線・財運線の3本が交わり、途中から1本の線となっている手相。熊手のような形で、『億万長者の相』とも呼ばれるほどの最強の金運の持ち主です。

桁外れなお金を生み出す才能があるだけでなく、精神力と忍耐力、直観力にも優れた相で、経営の神様でもある松下幸之助にもあったと言われています。

右手と左手、どちらの手に表れても珍しいですが、ごくまれに両手にある人も。両手にある人は、強運を通り越し『豪運』とも言えますが、人に与える影響力も大きく、自分のふるまいに注意が必要。また、覇王線が薄い場合は、才能はあるものの十分に活かしきれていない可能性が高いです。

ますかけ線

ますかけ線は、人差し指と親指の付け根の間から伸びる『頭脳線』と、小指の下から人差し指に向かって伸びる『感情線』が1本につながり、手のひらいっぱい真っすぐ横に伸びる線。つかんだ運は絶対に放さないと言われるほどの強運の持ち主です。

お金や名誉に恵まれている人に見られる手相。人を惹きつける力があり、人間関係の形成にも長けている、生まれながらの天才肌。「百握り」や「天下取りの手相」とも呼ばれ、徳川家康もこのますかけ線を持っていたとして有名です。

片手だと100人に1人、両手だと1000人に1人とも言われるほど珍しい手相。女性よりも男性に多く見られる手相です。

神秘十字線

神秘十字線は、感情線と頭脳線の間で、中指の下のゾーンにある十字の線。運命線と十字の横線が、また感情線や頭脳線と十字の縦線が重なって十字になっているものもあります。

神秘十字架を持つ人は、守護霊や神様など見えない力で守られています。そのため降りかかる災難から逃れることのできる強運の持ち主。さらに、普通の人とは違うインスピレーションを持つため、常人では考えつかないアイディアが思いつくことも。

両手に神秘十字架を持つ人は、さらに強運の持ち主。ただし、片手に複数の神秘十字架を持つ場合、お互いに影響しあって力を弱めてしまうことも。濃くはっきりした神秘十字架が1つあることが望ましいです。

金星帯(エロ線)

人差し指と中指の間から、薬指と小指の間までカーブを描いて伸びている線。金星帯は、別名『エロ線』とも呼ばれています。

金星帯がある人は、性的な魅力があり異性を惹きつける人。さりげない仕草やアピールが上手で色っぽさがあります。また、金星帯が濃くはっきりしている人は、鋭い感受性を持ち、美的センスに優れているため、芸術家にもよく見られる線です。

金星帯は1本でも異性にモテますが、中には2本ある人も。複数あると、より魅力的で生涯恋人探しに困ることはないでしょう。また、切れ切れになっている人は、品の良い色気もありモテますが、性格的に飽きっぽく、恋が長続きしない特徴があります。

手相の濃さからもその人の特徴を読み取ることができる

手相の濃さ
一人一人手相が違うのと同じように、線の濃さにも個人差があります。線の濃さを見ることで、その人の特徴についてもより詳しく読み取ることができます。

手相の線が濃い人

自分自身に対してしっかりとした自信がある人。価値観や考え方もしっかりしており、強い信念を持っています。その反面、人の意見を簡単に受け入れることができない頑固なタイプ。他の人とくらべても目立つ立場にいることが多く、多くの人から慕われるリーダー気質がある。強い個性とエネルギーを併せ持ち、周りの人に与える影響力も大きい。

手相の線が薄い人

性格的に謙虚で控えめな人。協調性があり、周りの人に合わせる能力に長けている。リーダータイプではなく、リーダーをサポートするタイプ。柔軟な考え方を持つため、人の意見もすんなり聞き入れられるが、言いたいことを言えずにストレスをため込むことも。また、手相が薄い場合、困っているときに助けてくれる人が表れることを暗示していることも。

手相の意味を大きく左右する!手の形パターンをチェック

手相の意味を大きく左右する!手の形パターン
手相というと手に刻まれた線だけに目が向いてしまいがちですが、その土台となる『手の形』もとても重要。占い師は、手相を見る時に手の形もチェックして総合的に鑑定を行います。

手の形は主に次の7つに分類することができます

  • 原始型
  • 四角型
  • 円錐型
  • へら型
  • 結節型
  • 尖頭型
  • 混合型

それぞれの手の形について詳しく見ていきましょう。

原始型

ゴツゴツして分厚く、指が太く短い。男性に多く見られ、特にガテン系の人に多い手。体力や忍耐力が強く、性格も一本気で、体力や忍耐力が強い。本能で生きるタイプで、考えるよりもまず行動を起こすタイプです。

四角型

手のひらと指が同じくらいの長さで、全体的に角ばっている四角い手。指先に向けて太さがあまり変わらないので、長方形のように見える。男性の手の最も一般的な形。几帳面で堅実、真面目な性格です。

円錐型

全体的に縦長で、先に行けば行くほど指が細くなっている手。女性の手の最も一般的な形。尖頭型に比べると、指先が丸みを帯びています。順応性が高く、誰とでも仲良くできる。社交的で話しやすく、同性・異性を問わず好感を持たれやすい。

へら型

指先がへらのように横に広がっている手の形。冒険家気質で開拓精神旺盛。アクティブで行動力のある人が多い。自己表現に長けていて、何事にも積極的な性格です。独立するような人に多く見られる手の形です。

結節型

関節が大きく、節々がしっかりしている手。別名『節の手』とも呼ばれている。知識欲が旺盛で、思索的・哲学的な人が多い。一方、物事を深く考える慎重派で、精神的な方向に進んでいきやすく、社会性や生活力は乏しいが、親切心や思いやりが強い。

尖頭型

指が細長く、指先に向かっていくにつれて細くなる手。白く小さな手に多く、女性が理想とする形。感受性が強く、妄想力も高め。鋭いインスピレーションを持つ芸術家肌。また、ロマンチストで繊細、神経質なところもあります。

混合型

これまでご紹介してきた6つの手の形のうち、2つ以上が組み合わさったもの。人見知りせずにどんな人とも仲良くでき、何でも器用にこなすことができます。環境の変化にもすぐに対応できるが、一つの場所にとどまるのが苦手。浪費癖の要素も。

手の出し方も手相鑑定にはとても重要!

手の出し方も手相鑑定にはとても重要
手相占いでは、相手がどのように手を差し出したかによっても、次のようなことが分かります。

5本の指をきっちりそろえて出す

正義感が強く、曲がったことが嫌いな誠実な人。規則に従って行動をするタイプで、仕事に関しても真面目で多くの人から信頼されています。「面白みのない人」と捉えられることも多いものの、ギャンブルの心配もなく、真っすぐな愛情を向けてくれるので、結婚後は一番頼りになるタイプです。

大きく手を開いて出す

強い意志を持っており、信念を曲げずに行動できる人。「仕事ができる人」に多いタイプ。どんな場面でも臆することなく自分の意見を話すことができますが、「押しが強い」と感じられることも。気の強い相手とは衝突することもありますが、いざという時に頼りになる心強い存在です。

手をすぼめるように出す

指をすぼめるように出す人は臆病なタイプ。相手に対して簡単には心を開かない、受け身で消極的な性格です。悩みや不安を抱えていることもあり、現状があまりうまくいっていない可能性も。何事も慎重に進めるため物事を即決することはありませんが、正しい道を選ぶ能力は高く、一度決めたらやり通す強い信念を持っています。

小指だけが離れている

集団行動が苦手な一匹狼タイプ。協調性がないように見られがちですが、誰かと一緒でないと行動できないということはないので、たくましく生きていくことができます。人が嫌でも周囲からも嫌われているわけでもありませんが、容量の良さを持っているので、何事も一人で効率よく進めることができます。

初心者でも簡単にわかる!手のひらチェック法

初心者でも簡単にわかる!手のひらチェック法
手相鑑定は、手のひらに刻まれている線はもちろん、線の濃さや手の形などを総合的に判断して行うため、1人では正確に判定を行うことが難しいです。

そこで、手相初心者でも簡単にチェックすることのできる『運勢の良い手の見分け方』をご紹介します。

手が潤っているか?乾燥しているか?をチェック

潤いのある手は、乾燥している手よりも運気が良いと言えます。

元々良い手相は、ふっくらとして潤いのある手にあらわれやすい傾向があります。カサカサして乾燥している状態の手は、運気をダウンさせてしまいます。

乾燥した手は、手相の線が見えにくいというだけでなく、手相が複雑化してしまう可能性も。運気をアップさせるためにも、保湿を心掛け日ごろから十分にケアしておくようにしましょう。

手のひらの縦線と横線をチェック

手のひらに入った縦線と横線からも、運気の状態を知ることができます。

上へ上へと伸びる縦線の場合、運気が上昇しているサイン。大きく飛躍する可能性が高く、今後の活躍にも期待できます。

横線は、上へ伸びていく運気を遮断する線。運気に邪魔が入り、物事が思う通りに進まない恐れも。特に、運命線や生命線など元々ある線に横線が入った場合は要注意。大きな妨害やトラブルに見舞われる可能性が高くなります。

縦線と横線が同じくらいの数であれば、運勢にはそれほど影響がありません。

手相の見方をマスターして人生のアドバイスを手に入れよう

手相の見方をマスター
手相占いは、自分の『現在の状況』を知るための占いです。

現在の状態を読み取った上で、未来へ向けたアドバイスを行うのが、手相占いの一番の目的。たとえ占いの結果が良くなかったとしても、「現状のままだとこうなる可能性が高い」というだけであって、未来は変えることも可能です。

手相は、その人の行動や考え方、環境によって変化していきます。運気を上昇させたいのであれば、身の回りの小さなところから、少しずつ変えていくことが大切です。

結果に一喜一憂せず、なりたい自分、変わりたい自分になれるよう、手相占いを十分に活用してみてください。